人材難を乗り越える!熟練のスキルと経験で人材を育てます

キャリア形成促進助成金

従業員のキャリア形成を効果的に促進するため、職業訓練等の実施等を行う事業主に助成します。

助成対象訓練(1コースの助成対象訓練時間は20時間以上)は、以下の体系で構成されます。

  1. 政策課題対応型訓練
    1. 若年人材育成コース(採用後5年以内かつ35歳未満の若年労働者への訓練)
    2. 成長分野等人材育成コース(健康、環境等の重点分野での人材育成のための訓練)
    3. グローバル人材育成コース(海外関連業務に対する人材育成のための訓練)
    4. 熟練技能育成・承継コース(熟練技能者の指導力強化、技能承継のための訓練、認定職業訓練)
    5. 認定実習併用職業訓練コース(厚生労働大臣の認定を受けたOJT付き訓練)
    6. 自発的職業能力開発コース(労働者の自発的な能力開発に対する支援)
  2. 一般型訓練(政策課題対応型訓練以外の訓練)

政府の奨励金を活用し、賢く人材育成をしていきませんか?

詳しくは、下記のホームページへ

厚労省のキャリア形成促進助成金のホームページ

特徴

キャリア形成助成金には以下の特徴があります

中小企業に助成されます

中小企業:資本金と従業員数で判断

業種によって基準は異なる(3億円以下、300人以下)

1コース当たりの訓練時間が20時間以上の研修に助成されます

研修費用の助成割合は受講料の2分の1。

訓練時間に応じて助成金額が異なる

(300時間未満は5万円、600時間以上は20万円、など)

訓練中の賃金(1時間あたり800円)も助成されます

ヒロ・ビジネス・スクールでは助成金の活用法のアドバイスも行います

相談ごとがあればお気軽にご連絡ください

PDF文書のダウンロード

当ホームページで紹介している内容を印刷しやすいようPDFにしてご提供します

お問合わせ

webからの問合わせ

前のページに戻る