人材難を乗り越える!熟練のスキルと経験で人材を育てます

マネージャー(候補者)の資質向上研修

マネージャーは、トップマネジメントと社員の橋渡し的な立場にあり、経営ビジョンの浸透、事業計画の遂行、社員のモチベーション向上、人材育成など、多様かつ重要な役割を担っています。

この多様かつ重要な役割を担うためには、相当の経験とスキルが必要なものですが、それらの有無に関わらず、マネージャーとしての立場になり、会社の中枢を担っていかざるを得ない状況が散見されます。

マネージャーとしての資質を高めるためには、経験を積むことが王道ですが、研修でも習得できるスキルがありますので、少しでもマネージャーの資質向上に役立てればと研修の機会をご提供させていただきます。

ゴール マネージャーとしての必要な基本スキルを身につける
受講対象者 マネージャー(管理者)、マネージャーの候補者
研修レベル ビジネスマネージャー検定試験®(※)相当
研修時間 4時間〜24時間程度
会場 依頼法人内会議室を予定(共同で開催する場合等は変更する場合があります)

※ ビジネスマネージャー検定試験は、東京商工会議所の登録商標です

アメリカの経営学者であり、ハーバート大学教授のロバート・カッツ)は、マネジメントに求められるスキルとして次の3つを挙げています。

◆テクニカル・スキル (知識・技術)

業務を遂行する上で必要となる知識や技術に関するスキル

◆ヒューマン・スキル (人間関係力)

対人関係で影響力を発揮する際に必要となるスキル

◆コンセプチュアル・スキル (概念形成力)

思案作業から具体的な事象を生み出す思考能力に関係するスキル

マネージャー(候補者)の資質向上研修内容

@ディスカッション、経験の伝授中心テーマ

  • 手段と目的を履き違えないようにしよう
  • 誰のために仕事をするのか、今一度考えよう
  • 課題を見つけて、解決していこう
  • 自身の管理をしっかりしていこう
  • 世間のことをもっと知ろう
  • 時間の無駄使い・・と思われるような会議はやめよう
  • 最近の企業不祥事と予防法
  • コミュニケーション力、交渉力を高めよう
  • 情報の共有を行い、認識を合わせていこう
  • 目標管理をSMARTにしよう
  • 現状を打破して生産性を高めていこう

A 知識、ノウハウ習得中心のテーマ

  • マネージャーの役割と心構え

         
    • マネージャーに求められるミッションと資質
  • 人と組織のマネジメント

         
    • 自身のマネジメント
    •    
    • コミュニケーションの重要性
    •    
    • 部下のマネジメント
    •    
    • 人材育成
  • 業務のマネジメント

         
    • 経営に関わる基礎知識
    •    
    • 経営計画、事業計画
    •    
    • 成果の検証と課題管理
  • リスクのマネジメント

         
    • リスクマネジメントの考え方
    •    
    • 職場におけるリスクマネジメント
    •    
    • 業務に関わるリスクマネジメント
    •    
    • 事故、災害時のリスクマネジメント

前のページに戻る